盗聴器発見業

最近は盗聴器というものが誰でも簡単に手に入れられて
しまう世の中になってきましたが、そんな中活躍している
のが盗聴器を発見するという仕事だ。

探偵の業務の一種としてもこの盗聴器を発見するという
仕事はあるわけだが、これを専門に扱っている人も
少なくはない。

よくテレビなどで取り上げられているこの仕事であるが、
実際のところはどうなっているのだろうか?

この職業に就きたい時にはそうすればいいのか?
そしてそのような条件で働くことができるのだろうか?

一般の求人誌などでもたまに見かけることもあるが、
実際にはこういった仕事の以来を請け負っている
ホームページを見つけてそこから連絡するのが
1番確実な方法だろう。

もちろん無線に関する知識があったほうがいいのだが、
なくても始めることはできる。

そこは一般の仕事と変わらず、見習い期間があり、
その期間は報酬は若干減るが、多少のスキルを身につけることが
できれば独立することも可能だ。

現在は盗聴に関する明確な法律がないので需要は増えてくる
ことも予想できる。

この仕事の月収は見習い期間は10万円代後半と普通のサラリーマンの
初任給程度だが、独立することができるようになれば、
月収100万円以上も可能になってくる職業である。

コンテンツマネジメントシステム